ホルヘ・ミム〜ラの「ラテンの魂」

アクセスカウンタ

zoom RSS 第46回 エコノミー症候群に要注意!? ホルヘの南米珍道中

<<   作成日時 : 2011/05/31 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は日本・南米間を5往復もした。
例年は一度行ったら4〜5ヶ月滞在していたが、今年は2週間から2ヶ月位の滞在を5回繰り返すことになった。

しかし、あの飛行機での長旅というのは慣れるものではない。
日本からアルゼンチンまでは機中だけで25〜26時間。経費は自腹なので当然エコノミークラス。
狭いシートでジッとしているといい加減嫌になってくる。

さらに最近聞いたところでは、エコノミークラスで長時間旅をすると、それが元で死に至ることもあるという。

その名も“エコノミー症候群”といって、足がむくんだ状態がひどくなると血管内で血液が凝縮し、それが心臓にまわって起こるものらしい。
予防法はひんぱんに足を動かして血液の流れを良くすること。でも、これではオチオチ寝てもいられない。

今年最後の取材旅行は11月10日〜22日までだった。
11日にブエノスアイレスでアルゼンチンリーグを撮り、その後パラグアイ対ペルー戦のためにアスンシオンへ。

ここでの定宿は日系人が経営する内山田ホテル。バスルームには日本式の湯船があり、日本食レストランも完備。
今回はともかく、長旅の合間に立ち寄った時は本当にホッとさせられる。

試合前日にパラグアイ代表の宿舎に行き、そこで知り合ったのがFWのブリスエラ。
チリのウニヴェルシダ・カトリカで活躍している。やたら陽気な男で、向こうから声をかけてきた。
そして「オレのパスは100万ドルなんだけど、日本のチームに紹介してくれない?」と売り込み開始。

どこへ行ってもこのケースは多い。
彼は試合中でも笑うことが多いし、チラヴェルとペルーの選手が熱くなった時は、さっと仲裁に入るなど、性格もなかなか良さそうだ。

私は、選手の売買にはノータッチだが、100万ドルならお買い得だと思う。
また、アルヴァレンガからは川崎フロンターレのファンにヨロシクと頼まれた。

その後、フジテレビのW杯予選特集番組の取材でウルグアイはモンテビデオへ。
やることは、この番組に出演している人の写真を女性たちに見せ、誰がいちばんカッコいいかを聞く、ミスターコンテスト。

過去に3ヶ国で行ってきたが、結果はイマイチ。お国柄が出て興味深い。
18日に帰るつもりで前日の夜に着き、いつものように行きつけのバーで一杯。

金曜の晩で人出は多かったが、その帰途に若者グループに囲まれて名刺入れを盗まれた。
現金は無かったがクレジットカードとアルゼンチンのカメラマン証などが入っていた。
油断大敵とはこのこと。ア〜、クヤシイ!

しかしこの件での影響はほとんどなく、ウルグアイ、アルゼンチンで予定通り取材を続け、20日の便で帰国の途へ。
このフライトはボカと同じ。本誌を渡したら皆で回し読みしていた。


(2001年1月)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第46回 エコノミー症候群に要注意!? ホルヘの南米珍道中 ホルヘ・ミム〜ラの「ラテンの魂」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる